新技術登録内容


1.登録申請者
会社名  日鐵住金建材株式会社 九州支店
郵便番号・住所  〒812-0025 福岡市博多区店屋町5-18 博多NSビル
担当部署  土木営業室
電話番号  092−281−8114
FAX番号  092−281−9908
E-mail  kishikawa@ns-kenzai.co.jp
ホームページURL  http://www.non-frame.com

2.新技術の名称等
新技術の名称  ノンフレーム工法
開発年(西暦)  1996年
開発体制  □単独 ■共同(民民)□共同(民官)□共同(民学)
共同研究者  
開発会社  日鐵住金建材株式会社・財団法人林業土木施設研究所
開発会社と申請者の関係  当該者

3.新技術の分類
区  分 1  □県内関連技術 ■県内活用技術 □その他技術
区  分 2  ■工法 □機械 □材料 □製品 □その他
分  類  地山補強工

4.キーワード
項  目 ■コスト縮減   ■環境の保全   □県産資材の利用促進   ■県内公共工事採用実績   □県内製造   □県内調達   □リサイクル向上   
■その他(景観、エコ                   )

5.国土交通省への登録状況
申請地方整備局名 登録年月日 登録番号 評価結果
       

6.特許等
特  許 番号 実用新案 番号
  3033678号  

7.制度等による証明
  証明機関 証明番号 証明年月日
建設技術審査証明事業      
その他      

8.活用の効果
従来技術名  吹付枠工(地山補強工併用)
経済性  ■向上(11.6%)□同程度   □低下(  %)
工程  ■短縮(39.7%)□同程度   □増加(  %)
品質・出来型  ■向上     □同程度   □低下
安全性  ■向上     □同程度   □低下
施工性  ■向上     □同程度   □低下
環境  ■向上     □同程度   □低下

9.特徴
  ノンフレーム工法は、樹木を伐採せずに斜面安定を図る目的で開発された地山補強土工法で、ロックボルト(補強材)、支圧板、ワイヤロープ(頭部連結材)によって構成される(下図参照)。
 
 特長1 景観・環境保全
  地山の掘削や樹木の伐採を行うことなく施工できるため、景観・環境を保全できる。また、伐採木や掘削土等の廃棄や建設副産物がほとんど発生しないので、環境に優しい工法である。
 
 特長2 コスト削減・工期短縮
  地山の掘削、樹木の伐採・搬出作業およびその処理にかかるコストの削減、工期の短縮が図られる。
 
 特長3 厳しい現場条件でも施工が可能
  地山の掘削や樹木の伐採・搬出作業がほとんど必要ないため、高所や家屋密集地など、厳しい現場条件での施工性に優れている。
  さらに、資機材ヤードと現場が離れている、または小面積しか確保できないといった厳しい現場条件でも施工が可能である。

  

10.施工方法
 1.位置決め工
 2.足場工
 3.削孔工
 4.孔内清掃工
 5.注入工
 6.確認試験工
 7.支圧板設置工
 8.頭部連結材取付工

11.歩掛・単価等
 
   ロックボルト長3.0mの場合の直接工事費
      22,000円/m2〜26,000円/m2程度

12.適用条件
 @適用可能な範囲
 ・勾配の適用範囲 最大60〜70°程度。
 その他は、従来技術と同じ。
 
 A適用できない範囲
 ・想定すべり面の深さが3mを超える場合。

13.施工実績
発注機関 県内件数 県外件数
国、公団等  1  101
地方自治体 補助事業  0  0
単独事業  6  865
民間  0  53

県内での主な施工実績
発注者 工事名 施工年度 CORINS登録番号
 小林土木事務所  栗須地区急傾斜地崩壊対策工事  H16  
 小林土木事務所  栗須地区急傾斜地崩壊対策工事  H17  
 西臼杵支庁  八戸-1地区急傾斜地崩壊対策工事  H18  
 九州農政局  木ノ川内導水路5工区法面対策工事  H20  
 延岡土木事務所  塩浜地区急傾斜地崩壊対策工事  H20  
 延岡土木事務所  塩浜第3地区急傾斜地崩壊対策工事  H21  
 延岡土木事務所  塩浜第3地区急傾斜地崩壊対策工事  H22  
       
       

県外での主な施工実績
発注者 工事名 施工年度 CORINS登録番号
 大分河川国道事務所  仁王地区斜面補強工事  H13  
 福岡国道事務所  浮羽地区防災工事  H19  
 福岡国道事務所  立花地区防災工事  H19  
 阿蘇河川国道事務所  国道57号阿蘇市坂梨地区防災工事  H21  
 阿蘇地域振興局  下町地区急傾斜地崩壊対策工事  H14  
 別府土木事務所  急傾斜地崩壊対策工事(南田井)  H17  
 鹿児島県熊毛支庁  急傾斜地崩壊対策工事(納曽)  H18  
 南さつま市役所  県単大富山地区急傾斜地崩壊対策工事  H22  

14.施工者
 ■一般の建設業者で施工可能
 □一般の建設業者では施工が困難(困難な理由:                )
 ■その他(法面工事専業者の施工が適切である。                )

15.新技術提供企業
新技術の名称  ノンフレーム工法 
新技術提供企業
区分 企業名 担当部署 担当者 住所 TEL FAX E−mail
代表 日鐵住金建材(株) 九州支店 石川 福岡市博多区店屋町5-18 092-281-8114 092-281-9909 kishikawa@ns-kenzai.co.jp
代表以外 (県内企業) 日本乾溜工業(株) 宮崎支店 佐藤 宮崎市大字新名爪4090-25 0985-30-2488 0985-39-0198 satota@kanryu.co.jp
日本乾溜工業(株) 延岡出張所 重松 宮崎県延岡市野地町1-3619-1 0982-34-3131 0982-21-4643 shigematsu@kanryu.co.jp
(株)加根又本店 都城支店 尻枝 宮崎県都城市菖蒲原町20-1 0986-23-4151 0986-25-5531  miyakonojyo@kanematahonten.co.jp
(株)加根又本店 延岡営業所 江藤 宮崎県日向市大字日知屋字玉川7660-5 0982-50-1617 0982-50-1620  
(株)大洋商会 本社 坂本 宮崎県日南市上平野町1-3-5 0987-23-4111 0987-23-7957 taiyou2@samba.ocn.ne.jp
(株)大洋商会 都城支店 西 宮崎県都城市神之山町1791-2 0986-38-4688 0986-38-4686 taiyou-miyako@leaf.ocn.ne.jp
代表以外 (県外企業)              
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             

18.県内活用技術参考写真(「県内活用技術」として登録する場合、提出してください)
新技術名称  ノンフレーム工法
完成写真等
  

      完成年度:平成22年度 発注機関:延岡土木事務所 施工場所:延岡市塩浜

  

       完成年度:平成17年度 発注機関:小林土木事務所 施工場所:西諸県郡野尻町

 

 完成年度:平成20年度 発注機関:九州農政局 施工場所:都城市夏尾